新潟市江南区のイチゴ農家

SHOKURO

ライスペクト プロジェクトRicepect Project

米を炊いて歩こう

Rice + Rispect

Ricepect Projectイラスト

動画制作:UC creative

https://uccreativelabo.myportfolio.com/

現状

日本人は米を食べなくなった

日本人の米の消費量は全盛期の半分だ(データあり)。パン屋は人で賑わい、ラーメン屋には長い行列ができている。人々のキラキラした眼差しに、少し寂しさを覚える。

さらに、農業界では肥料や農薬、農業資材や農業機械の値段は上がっているにも関わらず、米の値段は下がっている。米農家にとっては厳しい状況だ。今、危機感と不安の雲が日本の美しい田園風景を覆っている。

日本人は米を食べなくなった
行動

だから俺たちがやるんだ

Ricepect Projectはこの状況に差す一筋の光でありたい。しかし、一方で消費の低下も値段の下落も仕方のない事だとも思える。誰も状況を悪くしようとは思わないはずだ。

だからせめて「人々の意識を変えれば、何か変わるのではないか?」という仮説を立て、行動することにした。

意識を変えるということは、具体的に「リスペクトを取り戻す」ということだ。つまり、米が当たり前にある物ではなく、農家が努力し、思いを込めて作っている物だと理解することだ。

この米に対する、米農家に対するリスペクトを持った人が一人でも増えれば「ゲームを変えることができる」ショークロお兄さんはそう信じている。

だから俺たちがやるんだ
Ricepect Project始動

米を炊いて歩こう

CHAPTER01

まずは世界へ
リスペクトを広げる

「日本人の米に対するリスペクト」を取り戻す方法として、まず世界に日本米の魅力を伝え、世界からリスペクトを得ようと考えた。

例えばコンマリや大谷翔平、古くは坂本九も世界で活躍してる、だから見ていて嬉しいし、凄いと思う。それと同じように、日本米も世界からのスペクトを得られれば、きっと気づくはずだ。

俺たちが何気な具食べてる日本米が、実はとても尊くて素晴らしい物なのだと。


CHAPTER02

世界中の人は
米の美味しい炊き方を
知らない

海外では日本米の存在は広く知られ、寿司パーティーなどで楽しんでいる。しかし、どうやら海外にはお米を美味しく炊く技術が普及していないようだ。

だから、Ricepect Projectでは「お米」そのものではなく「お米を炊く」という日本のカルチャーを広めることに決めた。


CHAPTER03

お米を楽しく炊いて、
美味しく食べる

「心から楽しんで米を炊いてもらうため」にとっておきのクッキング動画を用意した。お米を炊く事も、美味しく食べる事も、最高のエンターテインメントだということを証明する。

歌やダンスを踏まえたショークロお兄さん独自の調理方で楽しくお米を炊けば、キッチンがダンスホールになっちまう。


CHAPTER04

世界へ、
米を炊いて歩こう

ショークロお兄さんが世界中を回って、米を炊いている、皆んな喜んで楽しそうだ。そんなビジョンを描いた。

世界中で大ヒットした坂本九の曲「上を向いて歩こう」の様に世界中に日本米の素晴らしさを伝えたい。だから、そのビジョンの実現への第一歩として2023年の年末にアメリカの西海岸でお米を炊くパフォーマンスをすることを決めた。

MEMBER
Ricepect Gang's
BOSS SHOKURO GUY

BOSS

SHOKURO GUY

BOSS SHOKURO GUY ライスゲージ

熱い情熱と半端ないヴァイブスを持つ米農家。明確なビジョンを掲げ、世界へ向けてプロジェクトの先頭を突っ走る越後の暴れ馬。

PRODUCER SHINAYAN

PRODUCER

SHINAYAN

PRODUCER SHINAYAN ライスゲージ

きゅうり農家でもありながら、プロジェクトの戦略を計画的に考え、その剃刀のようなキレる頭で的確な指示を出す、プロジェクトのスーパープロデューサー。

VIDEO CREATOR DONGFAN

VIDEO CREATOR

DONGFAN

VIDEO CREATOR DONGFAN ライスゲージ

映像制作のプロ集団「UCクリエイティブ」のリーダーで現役のダンサーでもある。ヒッチハイクでアメリカ横断を果たした過去があり、その行動力と確かなスキルでプロジェクトをサポートする強者。

ENGLISH ADVISOR LiSA

ENGLISH ADVISOR

LiSA

ENGLISH ADVISOR LiSA ライスゲージ

プロジェクト動画の英訳やショークロお兄さんの語学指導担当。元バックパッカーで世界を渡り歩いた経験があり、ワールドワイドな視野で世界を狙うプロジェクトに協力してくれている。

発信
各種SNS

僕らの活動に少しでも共感しワクワクしてくれた方は、
各種SNSをフォローし、応援よろしくお願いします。

プロジェクトについてのお問い合わせはこちらから

fresh
HOMEへ